Gmailはメールを「フォルダ」ではなく「ラベル」で管理するのが少し独特ですよね。

この「ラベル」という機能がどうも馴染めなくて、なかなかGmailに切り替えられませんでした。
なぜなら普通にラベルでフィルターを設定してもフォルダのフィルタリングのように振る舞ってくれない。
この違和感が半端じゃないのです。

基本的に受信フォルダは空っぽに近い状態で自動振り分けされたフォルダにメールが入ってるのが好きなタイプなのですが、単純にラベルを自動フィルタで設定しても上手くいかない・・・。

なんでラベルに振り分けられたメールが受信フォルダにも入ってるんだー!

先日Gmailで色々設定を見直してたらラベルのフィルタリングでフォルダ振り分けのようにすることができたのでご紹介します。

メール

フォルダライクにラベルをフィルタリングする方法

フィルタ設定

まずは設定画面に行きましょう。

画面右上の「設定ボタン」をクリック

設定をクリック

続いて「フィルタ」タブをクリック

フィルタをクリック

画面下部にある「新しいフィルタを作成」をクリック

新しいフィルタを作成をクリック

フィルタ条件を指定したら、画面右下の「この検索条件でフィルタを作成」をクリック

メールのフィルタ条件を指定

フィルタリング実行時の処理を設定したら、「フィルタを作成」をクリック

フィルタリング時の挙動を設定

まとめ

以上の設定でメールを受信したら自動的にラベルを設定して、受信フォルダに入らずにラベルにだけメールが入るようになります。

一見取っ付きにくいラベルという考え方ですが、一つのメールにラベルを複数付けることも可能ですので使い方次第ではフォルダで分けるよりも便利な面もあります。

例えばクレジットカード会社のメールを「ANA」「JAL」「楽天カード」というラベルで分けて、一部の請求確定メールには追加で「請求」というラベルを貼るようにすると、「請求」ラベルを見れば横並びでチェックすることが可能になったりします。

最初の使いにくさを克服すれば新しいメール管理術が身につくきっかけになると思います。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。