海外旅行や出張中にGoogleのアカウントにログインできず「不正なログインがブロックされました」というメッセージが届いたことがある人もいるかと思います。
これはGoogleがIPアドレスなどでどこからアクセスされているか検知して不審なアクセスだと判断しているからです。

でもそれじゃ困るので、Googleの2段階認証を設定してログインできるようにしましょう。
これから海外に行く予定がある方は海外からでもアクセスできるように事前に設定しておくことをオススメします。

自分は海外に行かないから要らないかと言うとそんなことはありません
2段階認証はセキュリティ的にもかなり強力になるので海外行く予定が無い人でも設定しておくと良いですよ。

2段階認証プロセスを設定する

設定画面へ進む

まずはGoogleのページへ行きましょう。
Googleアカウントにはログイン済みとします。

右上のアカウントをクリックします

Google

2段階認証プロセスがオフになっていると思うのでココをクリックします

Google設定画面

「設定を開始」をクリックします

設定開始画面

確認コードを受け取る

メールで受け取る場合

自分の携帯キャリアメールを設定します

確認コードをメールで受け取る

音声電話で受け取る場合

音声通話を選択して、自分の携帯電話番号を設定します

確認コードを音声通話で受け取る

確認コードを入力

メッセージまたは音声で確認コードの通知が来るので入力します

確認コードの入力

信頼できるパソコンとして登録

初回以降の確認コードの入力を省略する場合はチェックを入れたまま進みます

google_certs_option_07

※この設定はブラウザのCookieに登録されているため、ブラウザを変更したりCookieを削除したりすると再度2段階認証を行う必要があります。

認証プロセスを確定

問題なければ「確認」をクリックします

認証プロセスを有効にする

再ログイン

設定が終わると再度ログインを促されます

再ログイン

再設定オプションを設定

パスワードの紛失などでログインできなくなる場合に備えて、携帯電話の番号と予備のメールアドレスの設定を促されます。適宜設定して「保存して続行」をクリックします

再設定オプション画面

iPhoneなどの端末からアカウントにアクセスする

2段階認証を設定したためiPhoneなどの端末からは接続できなくなります。
このため再接続の手続きを取る必要があります。

アプリで2段階認証を行いたい場合はGoogle2段階認証をiPhoneやAndroidアプリで行う方法を読んでみてください。

再接続設定

「アプリを再接続」をクリックします

端末からのアクセス設定

必要な端末とアプリを選択して「生成」をクリックします

端末とアプリを選択

専用のパスワードが発行されるので端末の設定画面でパスワードを設定します

パスワード設定

以上で設定は完了です。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。