C#でクロスプロットフォームのスマホアプリなんて作りたいなぁなんて思ってVisual Studio Community 2013をインストールをしてみました。

VS CommunityはいわゆるこれまでのExpress版と同じ位置づけの無償版ですが、Professional相当の機能を利用できるとあって注目されているEditionです。
さらに拡張機能も利用できるようになったのでベンダーが提供する便利機能を追加することができます。

インストール前に利用規約をチェック

利用する前に確認しておきたいのが利用規約です。
なかなか細かい規約が設定されていて、以下のようになっています。

1.個人であれば有償アプリでも利用可能
2.企業でも「研修環境」「学術的研究」「オープンソース開発者」は人数無制限で利用可能
3.2以外の企業は「企業内PCが250台以下」かつ「年商1億円未満」の場合は5名まで利用可能

個人利用の人は嬉しいですね。企業でも少人数の中小企業なら利用できそうです。

Visual Studio Community 2013のインストール方法

インストール

MicrosoftのVisual Studioのダウンロードページで「Visual Studio Community & Express」の「Community 2013 with Update 4」をクリックします。

Visual Studioのダウンロード

クリックすると詳細が開くので「Install now」をクリックします。

VS Communityインストール画面

あとは粛々と進めていけばインストールは完了です。

注意事項

必要容量が10GBと結構使うので、適当にシステムドライブに入れると圧迫する可能性がありますのでお気をつけて。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。