Googleはセキュリティ強化のために2段階認証プロセスを推奨しています。

これを設定することで外部からのアカウント乗っ取りを防ぐだけでなく、海外からも自分のGoogleアカウントに簡単にアクセスすることができるようになります。
2段階認証プロセスの設定方法海外からGmailにログインする方法を参考にしてください。

2段階認証は特定の携帯端末を登録し、そのキャリアメールか電話番号に確認コードを通知して認証するというものですが、一々キャリアメールも電話も使いたくない場合がありますね(海外の時とか、複数人でアカウントを共有してるとか)。

そういう時はGoogle認証システムを使って2段階認証を行います。
iPhoneでもAndroidでも使えるので便利な方法です。

Google認証システムをダウンロード

iPhoneやiPadの場合

Appleストアでは「Google Authencator」という名前で登録されています。
「Google認証」で検索しても出ました。

Androidの場合

Androidでは「Google認証システム」という名前で登録されています。

Googleアカウントの設定を変更

認証方法をアプリに切り替える

ブラウザでGoogleにログインして、自分のアカウント画面を表示します。

「ログイン」の項目の「2段階認証」をクリックします。

2段階認証をクリック

「アプリに切り替え」をクリックします。

モバイルアプリに変更

利用したいデバイスのOSを選択します。

OSを選択

アプリと連携するためにQRコードを読み取ります。

アプリ連携コード

もし、QRコードリーダーが無いとか、カメラが壊れてると言った場合は「バーコードをスキャンできない場合」をクリックしましょう。
テキストコードが発行されるので、発行されたコードをアプリの連携画面で入力してください。

テキストコードで連携する場合

これで設定完了です。
以降はここで発行されるコードを2段階認証の画面で入力すればログインすることができるようになります。
設定完了

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。