Xamarin StudioにはAndroidエミュレータがついていてデバッグ環境も揃ってはいるのですが、いかんせん重い。
ちょっとデバッグしたいのに起動に1分以上掛かっちゃうのが我慢できないため、Nexus7で実機デバッグようにした時のメモ。

基本的な流れはXamarin から Android の実機を動かすを参考にさせてもらいました。

なお、環境はWindows 7 Pro 64bitで行っています。

Androidデバイスで実機デバッグ

Google USB Driverのインストール

SDK Managerを起動します。
Xamarin Studioからも起動できます。

SDK Manager起動

起動したら下の方にあるExtraのGoogle USB Driverをインストールします。
(画面はインストール済みのもの)

Google USB Driverをインストール

Androidデバイスの設定

USBデバッグを有効にする

開発者向けオプションでUSBデバッグを有効にします。
設定>開発者向けオプション>USBデバッグ
USBデバッグの有効

開発者向けオプションが表示されてない!という場合はAndroid4.xのNexus7で開発者向けオプションを表示する方法を参考にしてください。

PCにAndroidデバイスのドライバをインストール

PCにAndroidデバイスを接続

PCにAndroidデバイスをUSB接続します。
デバイスのインストールが開始されますが失敗します。
Vendor ID(VID)とProduct ID(PID)を登録しないと認識してくれないようです。

VID、PIDをチェック

デバイスマネージャを開いて「ポータブルデバイス」の項目を見るとデバイスに!マークがついてる状態になってると思います。
ここで、デバイスのプロパティを表示して「詳細」タブを開きます。
表示するプロパティを「ハードウェアID」にするとVIDとPIDが表示されますので、こちらをコピーしてメモ帳にでも貼り付けておきます。

この場合、PIDは4E42、VIDは18D1ということになります。
VIDとPIDのチェック

android_winusb.infの編集

Google USB Driverの設定ファイルを開きます。
通常なら下記の場所にあるかと思います。

%USERPROFILE%\AppData\Local\Android\android-sdk\extras\google\usb_driver

android_winusb.infを開いたら

32ビットの場合は[Google.NTx86]セクション、64ビットの場合は[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]セクションの両方に%SingleAdbInterface%、%CompositeAdbInterface%を追記します。

32ビットOSはこちらのみ追記します。

[Google.NTx86]

;Google Nexus 7(2012) 実機デバッグ用
%SingleAdbInterface% =  USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E42
%CompositeAdbInterface% =  USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E42&MI_01 

64ビットOSはさらにこちらも追記します。

[Google.NTamd64]

;Google Nexus 7(2012) 実機デバッグ用
%SingleAdbInterface% =  USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E42
%CompositeAdbInterface% =  USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E42&MI_01 

ドライバを更新

デバイスマネージャで開いたデバイスのプロパティで「全般」タブを開いてドライバの更新を行います。
ドライバのパスを聞かれるので、さきほど編集したandroid_winusb.infのフォルダを指定します。
設定が正しければドライバが正常にインストールされます。

デバイスが認識できているか確認

コマンドプロンプトを開いて、SDKのプラットフォームツールに移動します。
プラットフォームツールがインストールされているかはSDK ManagerのToolsで確認できます。
インストールされていれば通常はこちらにあるはずです。

%USERPROFILE%\AppData\Local\Android\android-sdk\platform-tools

移動したら接続デバイスの確認を行います。

adb devices

接続に成功していれば

<ANDROID_SDK_HOME>\platform-tools>adb devices
List of devices attached
015d2d428c53f603        device

のように表示されます。

デバイスがunauthorizedと出る場合はAndroidデバイスがunauthorizedで認識されない場合の対処法を参考にしてください。

Xamarin Studioから実機デバッグする

これで実機デバッグの準備は完了です。
いよいよXamarin Studioからデバッグを開始します。

プロジェクトからアプリケーションを選択して開く>デバイス名で選択して実行します。

実機デバッグ実行

これでデバイス側でアプリが立ち上がれば成功です。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。