海外に行った時に街を歩いていてちょっと地図が見たくなる時がありますよね。
最近だとスマートフォンを持って海外旅行に行く人も多いと思うので、Google Mapをオフラインでも使えるようにする方法を紹介します。

地図を見る旅行者

Photo by Thinkstock/Getty Images

オフラインでGoogle Mapを使う方法

まずはGoogle Mapアプリを起動して検索をしましょう。今回は香港を検索してみます。

都市を検索

検索された都市が表示されたら、左下の都市名をタップします。

左下の都市名をタップ

都市の画面に切り替わるので、右上のメニューをタップします。

右上のメニューをタップ

「オフラインマップを保存」をタップします。

保存をタップ

ダウンロードしたい範囲をズームします。

保存をタップ

「保存」をタップします。

ダウンロード範囲をズーム

しばらく待ちます。可能ならWiFiを利用した方が良いと思います。

ダウンロード中

ダウンロードが完了したら名前を付けます。デフォルトのまま(この場合は香港)で良いと思います。

名前を付ける

オフラインで使えるか確認してみましょう。フライトモードで通信を切った状態で地図データを見れれば成功です。道路の名前も見れますね!

オフラインで確認

編集後記

今回の香港をはじめ、マカオ、ロンドン、パリといった都市はダウンロードできました。

でもGoogle Mapならどこでも使えるのかと思いきや、東南アジアのクアラルンプール、バンコク、ジャカルタ、南米のリオ・デ・ジャネイロやブエノス・アイレスなどの大都市はダウンロードできませんでした。
なぜかクスコやリマはダウンロードできるという(笑)

今後カバーされる可能性もあるので、まずはGoogle Mapで試してみるのがいいかもしれませんね。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。