昼食の用意をしていたところ携帯にプッシュ通知が来たので確認したら「不正なログインがブロックされました」というメッセージが来ていました。
何事かなーと開いてみたらアクセス元が台湾の台中から。

うわーこれは本物のヤツだー、ということでパスワードを即座に変更しました。
ついでにパスワード変更の方法も載せておきます。

不正アクセスの通知が来た時の対処方法

ちなみにこんなメッセージが届きました。

google acount mail

警告メッセージの送信元がGoogleからの物か確認する

Googleから警告メッセージが来たからと言って慌てないでください。
まず、送信元がGoogleからの物かを確認しましょう。

場合によっては、「不正なログインがブロックされました」というメールコピーして、他人のアカウント情報を盗もうとするハッカーもいます。ユーザー名やパスワードなどの個人情報を要求したり、そうした情報を要求する見慣れないウェブサイトに誘導したりするメッセージには常に警戒してください。

不審なアクティビティに関する通知メールを Google から受け取った場合は、安全のため、以下の指示に沿って不審なアカウント アクティビティを確認し、心当たりがないアクティビティを見つけた場合はパスワードを変更してください。

ドメインで言えば、正式なGoogleからのものであれば現在はno-reply@accounts.google.comとなっていると思います。

最近のアクティビティを確認する

Googleにログインしてアカウント画面を開きます。
Googleのページの右上の写真の部分をクリックして「アカウント」をクリックするとアカウント画面が開きます。
Google Account Menu

下の方にスクロールしていくと「最近のアクティビティ」という項目があるのでこちらをチェックしましょう。

自分は二段階認証プロセスを設定していたため、おそらくログイン自体がブロックされたのだと思います。
怪しいログインは表示されませんでした。
Google recent activity

Googleアカウントのパスワードを変更する

最近のアクティビティの少し上に行くと「ログイン」という項目があるので、その中の「パスワード」をクリックします。
再度ログイン情報を求められるので、入力して進むとパスワードの変更画面が表示されるのでパスワードを変更しましょう。

二段階認証プロセスを有効にする

今回無事に済んだのも二段階認証プロセスを設定したお陰です。
まだ設定していない人はすぐに設定しましょう。

二段階認証の設定方法はGoogle2段階認証をiPhoneやAndroidアプリで行う方法を参考にしてください。

編集後記

中国はGmailなどのサービスへのアクセスを完全にブロックしているそうですね。
なので台湾から悪さをしているのでしょう。

LINE詐欺などもそうですが、中国は色々と警戒されているから悪さをするときは隣の台湾から仕掛けるのでしょうか。
台湾の人からしたらいい迷惑ですねぇ。

それにしても今回の件、パスワードとアドレスがどこから漏れたのか不安です。
他のパスワードも見直そうと思います。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。