とうとう発売されたApple Watchですが、巷では賛否両論のようですね。
「買うべきか」と言われれば自分は買うべきではないかなと思います。

所有するだけで満足というブランド力がApple製品にはあるのは事実ではあるのですが、まぁその所有欲求の薄い層(この場合は自分)からすると買、、、わないなぁというのが本音です。
以下、理由を上げていきます。

Apple Watch Metalband

iPhoneユーザがApple Watchを持つメリット

まずはApple Watchを持つメリットを挙げてみましょう。

iPhoneと連携してアプリを使える

iPhoneを使わずともメッセージや通話が可能になります。
腕時計ということもあり、確認に要するアクションは1アクションに短縮されます。

時計を見るように腕を顔の前に持ってくるだけでApple Watchが起動するので非常に楽です。
iPhoneの場合はどうしてもポケットから取り出す+iPhone起動という2アクションでしたので、よりスマートにアクセスできるようになります。

Bluetooth対応のイヤホンがあれば音楽も聞くことができますし、通話も相手の声がダダ漏れになることもなくりますね。

フィットネス機能で健康への意識が上昇する

歩数計や心拍数計、消費カロリー、1日の活動量などを日常的に記録することが可能です。
目標値などを設定すればApple Watchが運動を促してくれたりもします。

健康ブームな昨今では気になるユーザも多いかと思います。

Appleの新製品を所有しているという満足感

洗練されたデザインとその高級感でもって、ユーザに極上の満足感を与えてくれます。
要するに所有欲を満たしてくれるわけですね。

街中で「あ、あの人Apple Watch持ってる」と思われることもあるでしょう。
この優越感を得るには1点だけとても重要なポイントがあります。
そう、あなたが周囲の人に気付かれたことに気付くかどうかが勝負の分かれ目です。

友人にも「お、Apple Watch買ったんだね!」と言われるでしょうね。
この場合は確実にドヤれるので良いのではないでしょうか。

あなたに友達がいればいるほどドヤれます。

メリットまとめ

つまりスタイリッシュにiPhoneの機能を拡張して健康管理もできる時計というわけですね。

Apple Watchのデメリット

続いてはデメリットを挙げてみようと思います。

バッテリーの寿命が短い

これが最大にして最悪のデメリットでしょうね。
バッテリーの持ちが極端に短いということです。

現状、普通に使っていると18時間ほどでバッテリーが切れるそうです。
毎日充電しなきゃいけない時計ってどうなんでしょうか。

「別にiPhoneだってほぼ毎日充電してるわけだし、そこまで気にすること?」

という意見もあるでしょうけど、それはApple Watchだけしか考えてない人の意見です。

Apple WatchだけでなくiPhoneも充電するんですよ?
毎日毎日、しかもどっちか充電し忘れたらアウトです。

バッテリー駆動18時間という数字は1日出かけて帰宅するまでの必要最低限はカバーしているとも言えますが、急遽1日以上帰ることができなくなったらどうするんですか?

この場合、最新ウェアラブル端末はもはやただのスタイリッシュリストバンドと化すわけです。

iPhoneを持ってないと意味が無い

現存するスマートウォッチにも言えることなのでなんとも言えませんが、機能の大半をスマホに依存している時点で一製品として成立していないと思うのです。

フィットネス機能にしても全てiPhoneが無いと用を成しません。
例えばApple Watchを付けてランニングに行く場合、Apple WatchだけでなくiPhoneも持っていかないといけません。

公式でもこのように謳っています。

ランニングにはiPhoneを持っていきましょう。でもポケットに入れたままで大丈夫です。Nike+ Runningアプリケーションが、走った距離、時間、ペースをあなたのApple Watchに表示します。友だちが送ってくれた声援を見たり、Bluetoothヘッドフォンを使ってワークアウト中にワイヤレスで音楽を聴くこともできます。

いやいや、荷物増えてますけど。
ランニングアプリはiPhoneでも使えますし、腕ですぐ確認できるだけじゃないですか。
iPhone用のランニングリストバンドも売ってるのでそれ買えば済む話なのでは?

そして何より、これはやったことある人は分かると思いますけど、ポケットにiPhone入れて走るとポケットから落ちそうでランニングに集中できないんですよ。

防水じゃない

生活防水程度の防水はしてくれるそうですが、プールに入ったり海に潜ったりということはできません。
ダイビングとかで現在の水深とか図れたら楽しいでしょうけどね。
まだその域ではないようです。

その価格に対して将来的な有用性が担保されていない

Apple Watchのラインナップは5万円弱~280万円までありますが、いつまで使えるか分からない時計にウン十万、ウン百万も使えますか?
ということです。

普通、20万を超えるような時計を買ったら下手したら一生モノですよ。
それに対してApple WatchはOSのサポートが終了したりすれば価値は一気に激減です。

コンテンツが肥大化してプロセッサの処理能力が不足してきたら、バッテリー技術が進化して長時間稼働が可能になったら、Appleはまた新しいApple Watchを発売するでしょうね。
それで、ウン万円も出してまた買い換えるんですか?

デメリットまとめ

バッテリー駆動時間やiPhoneと一心同体であること、製品としてのライフサイクルが見通せない。

編集後記

というわけで、ほとんどApple Watchのネガキャンに終始しましたが、面白い製品だとは思います。
面白いとは思うのですが、デメリットがメリットを大きく上回ってるというのが現状のイメージです。

高価なオモチャと割りきって使う分には良いでしょうが、従来の時計と取って代わるものかというと答えはノーでしょう。

それこそ、Apple Watch一つでiPhoneが不要になるくらいじゃないと普及は難しいのではないでしょうか。
少なくとも次世代モデルが出るまでは手を出さないのが懸命とは思います。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。