サーバにあげているファイルを転送するソフトは色々とありますが、最近Filezillaに変えました。
これまではffftpを使っていたのですが、大量のファイルを転送しようとするとどうも遅いためです。

Filezillaの良い所はMacでも使えるところですかね。
まぁ自分Macユーザではありませんが。

ついでにFilezillaのインストールから設定方法までをメモしておきます。

Filezillaのインストール

ダウンロード

とりあえずインストールのためにファイルをダウンロードします。
どこでもいいですが、とりあえずVectorを載せておきます。

インストール

インストーラをダウンロードしたら適当な場所にインストールします。
特に難しいことは無いので省略します。

Filezillaの設定

サイトマネージャーの起動

Filezillaを起動したらまずはサーバに接続してみましょう。
メニュー左上の「ファイル」→「サイトマネージャー」をクリックします。
サイトマネージャー

サーバ接続設定

まずは新規の接続設定を作成します。

  1. 左下の「新しいサイト」をクリックして自分のサイトの名前を付けましょう。
  2. 続いてサーバのホスト名を入力します(ポートは特に不要です)。
  3. 「ログオンの種類」は通常を選択してユーザ名とパスワードを入力します。

サーバ接続設定

規定ディレクトリ設定

規定のディレクトリはサーバに接続した時に自動で好きなディレクトリを初期表示することができます。
毎回毎回ルートからサイトのディレクトリまで移動するのが面倒なときは設定してあると便利です。
既定のディレクトリ

編集後記

簡単ですがこれで準備は完了です。
ffftpに比べるとFilezillaの方がUIがリッチなので進捗などが見やすくて使いやすいと感じました。
しばらくはこれでやっていこうと思います。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。