いよいよ迫ってきたWindows 10の正式リリースですが、Microsoftによるとこの夏には発売されるとのことです。
別にパソコンを買う予定もないし関係ないやーと思っている人もいるかと思いますが、というか自分もその一人でしたが、新しいWindows 10では一部の現行OSから無償でアップグレードすることができるという話なのですよ!

WindowsのOSなんて最低でも1万円はしましすからね、無償でアップグレードできるならこの機会を逃す手はない!かもしれません。

Windows 10

Windows 10の無償アップグレード

アップグレード期間

無償アップグレードが提供されるのは正式リリースから1年間のみとなっています。
1年以内という期限を付けて乗り換えを促進させようというMicrosoftの魂胆が丸見えですね。

システム要件、推奨スペック

  • CPU: 1GHzクロック以上
  • メモリ: 64bit版は2GB以上、32bit版は1GB以上
  • ストレージ: 64bit版は20GB以上、32bit版は16GB以上
  • グラフィックカード: DirectX 9
  • ディスプレイ: 800 × 600 ドット

という具合です。
この推奨スペックはWindows 7に要求されるスペックとほぼ同等と言えるので、Windows 7が快適に使える環境であればWindows 10を入れて重い!なんてことにはならないと思われます。

対象OS

肝心の無償アップグレード対象のOSですが、

  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows Phone 8.1

の3つです。

Vistaは対象外!?

どうやらそのようですね、なんとも悲しい話ですが、VistaはMicrosoftの歴史から闇に葬り去られる運命にあります。
なんせVistaの稼働率って全体のシェアの2%らしいですよ。

自分もデスクトップVistaなんですよね・・・非常に悲しい。

XPはもうサポートすら打ち切られているので言わずもがな、です。

Windows 10 のエディション

リリースされるエディションとしては下記の7つとなります。
一般ユーザが気にするのは上3つまでですね。

  • Windows 10 Home
  • Windows 10 Mobile
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows 10 Education
  • Windows 10 Mobile Enterprise
  • Windows 10 IoT Core

どれにでもアップグレード可能か

いいえ、そんなに甘くはありません。

Windows 7 HomeやWindows 8.1 Homeエディションを使っている人がアップグレードできるのはWindows 10 Homeということになります。
Windows 7 ProやWindows 8.1 Proを使っている人はWindows 10 Proにアップグレードが可能です。

Windows 7はサポートが2020年までというそう遠くない未来に設定されているので、Windows 7ユーザはアップグレードを検討したほうがいいかもしれませんね。

海賊版でもアップグレードできるという噂があったけど

海賊版からのアップグレードはどうやら無しのようですね。
日本国内でもたまに異様に安い(3000円とかで)Windowsが売られてるのを見ますが、ほぼ間違いなく海賊版です。

どうもこの海賊版ユーザにも優しくアップグレードを提供して正規版の流れに組み込んでしまえーという思惑があったのかは知りませんが、海賊版というのはMicrosoftにとって1円も得にならないわけですから撲滅したいのは確かなようですね。

Windows OSだけの話ではないですが、海賊版ソフトウェアというものの普及率というのを調べたBSAグローバルソフトウェア調査2013コンプライアンスギャップによると世界中で相当数のユーザが海賊版を不正利用しているようですね。

その中でも被害総額のトップはまぁ当然の結果というか、中国です。ダントツです。
実に74%のユーザが何かしらの海賊版ソフトを利用していて、 被害総額は87億6700万ドルという試算になっています。

そりゃそうですよねぇ、13億人の74%がアレコレ海賊版使ってれば被害総額はダントツになります。
と、Microsoftを始めソフトウェア会社にとっては笑い事じゃない中国市場をどうにかしなくてはいけないというのが本音でしょう。

編集後記

Windows 8の時にもありましたよね、格安アップグレード。
Microsoftからしたらいつまでも古いOSのサポートはしたくないわけで、どんどんユーザは最新OSに乗り換えてほしいというのは分からないでもないですが、そんなに頻繁に出されてもユーザは困るわけですよ。

まぁ今後はOS自体は無料で、Officeなどのソフトウェアをサブスクリプション(月額などの定額制)で利益を上げていくのでは?なんて話もあるのでどうなるのか要注目ですね。

MacはこういうOSのお話ってあまり話題にならない気がするのにMicrosoftはいつもちょっとした騒動になりますよね。

それはそうとウチのVistaはどうすればいいのだ・・・。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。