いよいよAppleがAndroidを切り崩しに掛かりました。
iOS9からはAndroidからiPhoneへの乗り換えアプリ「Move to iOS」を発表しました。

これがあればAndroidユーザも簡単に自分が使っていたAndroidの環境をiPhoneに移行することができます。

AndroidとiPhone

Move to iOSとは

「Move to iOS」は、Android端末で利用していた連絡先、メッセージ履歴、写真や動画、ブックマーク、メール、カレンダー、壁紙、音楽と書籍(DRMフリーのみ)を無線で同期してしまうアプリです。

TwitterやFacebookなど、AppleストアとGoogleプレイの両方で公開されている無料のアプリはダウンロードを促されます。
有料アプリの場合はiTunesのウィッシュリストに追加されます。

iOS 9のリリースと次世代iPhoneの発売日は?

リリースは2015年の秋を予定しているそうです。
次世代iPhone「iPhone 6s」または「iPhone 7」の発売は9月が有力とされています。

やはり新機種発売と併せてリリースされるのかもしれませんねぇ。

編集後記

それにしても最近は新機種の発売が早いような気もするのですが気のせいですかね。
ガラケー時代はどのメーカーがどれだけ新機種出そうとまったく気にならなかったのに、iPhoneは2世代遅れると取り残されそうな不安に駆られます

まぁガラケーは各メーカーがこぞって発売してたもんだからトレンドを追うことに疲れたという面もあると思います。
iPhoneはAppleしか出せないですからね。

しかもユーザが多いから嫌でも自分が遅れているのを実感する機会が多くなります。
ソシャゲとかハマってる人は処理速度やらでなおさら最新機種を欲しがりますし、これもAppleのブランド戦略の賜物ということでしょうか。

世界的に見てもiPhoneはシェアを順調にAndroidから奪っているそうです。

iPhoneのシェアは着々と伸びているというニュースもあります。
世界(日本を除く)でiPhoneがAndroidからシェアを奪う―米では販売台数1位を奪回

これを加速させるためのMove to iOSなんでしょうけど、日本では国内のパイを奪い合うガラパゴス市場とか言われていますが、AndroidとiPhoneも同様の構図になりそうですね。
パイの母数が段違いですが。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。