サイトマップの重要性はSEOの観点では非常に高いです。
そこでサイトマップについての説明、作成、送信方法を紹介します。

サイトマップとは

まず、サイトマップというものがどういうものかですが、Googleから引用しますと

サイトマップとは、サイトのウェブページを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googlebot などの検索エンジンのウェブクローラは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。

要するにクローラーが巡回しやすくするための地図というわけです。

クローラーが巡回しずらい構成になってることがある

クローラー自体はサイトマップが無くても勝手にリンクを辿りながらサイト構成を理解しますが、一部の条件下では上手く機能しないことがあります。

  • サイトのサイズが非常に大きい場合
  • サイトに適切にリンクされていないページのアーカイブが大量にある場合
  • サイトが新しくて外部からのリンクが少ない場合
  • サイトでフラッシュなどのリッチメディアコンテンツを使用している場合
  • サイトがGoogleニュースに表示されている、または他のサイトマップ対応アノテーションを使用している場合

上記の場合、クローラーがページの存在に気づかない、または気づくのに遅れることがあります。
せっかく新しい記事を書いたのに検索に引っかからないのでは意味がありません。
情報の鮮度が落ちてからクローラーに気づかれても時すでに遅し、すでに他の競合サイトの情報が出回っていてあなたのサイトには誰も訪れないなんてことになりかねません。

サイトマップの作成

そこで、新しい記事を書いたらGoogleウェブマスターツールで最新版のサイトマップをGoogleに送信する必要があります。

サイトマップは手動で作成してもよいですが、自動生成ツールがありますのでこちらで作成可能です。

サイトマップの送信

作成したサイトマップをGoogleに送信しましょう。

まずGoogleウェブマスターツールにログインして、自分のサイトのダッシュボードを開きます。
そこで「クロール」→「サイトマップ」→「サイトマップの追加/テスト」の順にクリックしていきます。
サイトマップの追加手順

サイトマップのファイルを指定したら、「サイトマップを送信」をクリックします。
xmlファイル名入力

これで完了です。
数時間から数日以内にはインデックスが始まると思います。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。