巷ではChromecastやApple TVなどのストリーミングプレイヤーが出ていますが、AmazonからもFire TVが出ています。
自分も先日購入したのですが、これがなかなかに優れものでした。

使用感などのレビューは下記を参照してください。
Amazon Fire TV Stickの使い方、感想・レビュー

Fire TVとは

Amazonビデオをテレビの大画面で楽しめる

もともとAmazonは通販で大きくなった会社ですが、最近では音楽や映像コンテンツにも進出してきています。
その一つのサービスがAmazonビデオです。

レンタルまたは購入した映画、ドラマ、アニメなどをPCまたはスマートデバイスで楽しめます。

レンタルは24時間または48時間経つと見れなくなります。
購入すれば期限なしで何度でも見ることが可能です。
当然購入の方が価格は高いです。

画質もSD(標準画質)かHD(高画質)かによって値段が違ってきて、当然、HDの方が高いです。

まぁこんな感じですね。

Amazonビデオの購入例

で、これをテレビや大画面のモニターで見たい場合に登場するのがFire TVです。

用途に合わせて選べる3タイプ

Fire TVには3つの価格帯があって、性能によって値段が違います。
Fire TVのスペック表

一番ベーシックなFire TV Stickの魅力は持ち運びやすさですね。

音声認識機能付きはなかなか評判が良いみたいです。
Alexaの音声コントロールは米Amazonが音声制御型ワイヤレススピーカーを発売で紹介したやつですね。

そして最上位機種のFire TVですが、これはまぁいわゆる「全部のせ」って感じです。
プロセッサは上記の2つがデュアルコアに対してクワッドコアを搭載、マイクロSDスロットとUSBスロットが付いていて拡張性もあります。
まぁこちらは持ち運ぶには少々重たいので据え置き想定なのでしょう。

アプリでスマホがリモコンに

AndroidでもiOSでもアプリが公開されているので「Amazon TV」で検索すれば出てきます。
リモコンが無くても携帯をいじりながら操作できるのはちょっと便利です。

Amazon Fire TV (1)

プライム!とにかくプライム!

Amazonの戦略が上手いというか、年会費3,900円(税込)を払えばプライムビデオは見放題です。
プライムビデオというのは一部のコンテンツがプライム会員用に無料開放されているものです。
一部とは言えかなりの数が揃ってますしどんどん追加されていくので、3,900円の元はあっという間に取れると思います。

このように決して古いコンテンツだけではないので充分に楽しめますよ。

プライムビデオリスト

それに加えてAmazonで頼んだ商品は最速で当日届くので本当に便利だと思います。

1ヶ月は無料で試せるのでちょっと興味がある人はこちらを見てみてください。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。