Windows 10のOSセットアップも終わり、いろいろと必要なアプリケーションをインストールしている矢先の出来事。

時代はもはやクラウドストレージだぜ!(←今更言ってる時点で時代遅れ)とGoogle Driveのデスクトップアプリをインストールしようとすると下記のようなエラーメッセージが表示されました。

PyWinTypes27.dll could not be extracted!

どうやらPyWinTypes27.dllというDLLファイルが抽出されませんでした!ということらしいが、はてさて。

PyWinTypes27.dllとは

どうやらPythonを動かすためのライブラリのようですね。
Google Driveインストール時に必要ということは使ってるんでしょうね、Python。

Google DriveがPyWinTypes27.dllのせいでインストール出来ない場合の対処法

DLLが無いなら、ダウンロードすればいいのに:不正解

と、どこぞの女王様の如く早速試したのはPyWinTypes27.dllをダウンロードして下記のフォルダに置いてみました。

  • C:\Windows\System32
  • C:\Windows\SysWOW64

結果:変わらずエラー

ユーザ名が日本語だからエラー出てるんじゃない?:正解

と、次に思いついたのがユーザ名がマルチバイトの自分の名前だということ。

OSセットアップ時に何も考えずに指示通りにMicrosoftアカウントを使用してアカウント設定を行った結果、ユーザフォルダが日本語になっていた。

どうやらMicrosoftアカウントでサインインすると勝手に名前の部分をユーザフォルダとして設定してしまうらしい。

フォルダ名が日本語だからプログラムがフォルダにアクセスできないというのは良くあることなのです。

ローカルアカウントでログインするように切り替えてみた

見事に失敗。

パッと見はローカルアカウントで英数字で設定した名前なんですが、フルパス表示させるとユーザフォルダはしっかり日本語のままなんですよね。

これは逆のパターンですが、こういう感じです。
パッと見は日本語アカウントですが、、、
パッと見は日本語アカウント

クリックして実態のフルパスを表示するとフルパスは英語だったりします。
実態のフルパスは英語

というわけで、一度Microsoftアカウントで作成されたユーザフォルダを英数字にするのは失敗しました。

泣きながらOS再インストールしてローカルアカウントを最初に作成

というわけで残された道は

  • 現在使用しているアカウントを捨てて別にローカルアカウントを追加する
  • OS再インストール

になったわけです。

どうするべきか悩んだんですが、買ったばかりなので引き返すなら今、ということで泣く泣くOS再インストールすることにしました。

OSセットアップ時の注意点

OS再インストール時に注意することはセットアップ時にネット接続したら負けということ。

ネット接続してしまうとその後既存のMicrosoftアカウントを選択するか、新規Microsoftアカウントを作成するかの二択しか選べません。

オフラインでOSセットアップを進めるとローカルアカウント作成の項目が表示されます。
ちょっとひどいですよね?

というわけでローカルアカウントを作成してGoogle Driveをインストールしてみたら無事インストール成功しました!
Google Dirveインストール成功

無事成功したので良かったです。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。