XamppをインストールしたらCドライブ直下にinstall.res.1028.dll、eula.1028.txt、VC_RED.MSIなどのファイルがいつの間にか展開されてました。

いままでキレイだったCドライブが一気に汚れてしまった!

と思った人も多いかと思いますが、問題ありません。

消しましょ!

気づいたらこんなファイルたちが!

気にしない人は気にしないかも知れませんが、気になる人には本当に気になる。
こいつら何者だー!

  • eula.1028.txt
  • eula.1031.txt
  • eula.1033.txt
  • eula.1036.txt
  • eula.1040.txt
  • eula.1041.txt
  • eula.1042.txt
  • eula.2052.txt
  • eula.3082.txt
  • globdata.ini
  • install.exe
  • install.ini
  • install.res.1028.dll
  • install.res.1031.dll
  • install.res.1033.dll
  • install.res.1036.dll
  • install.res.1040.dll
  • install.res.1041.dll
  • install.res.1042.dll
  • install.res.2052.dll
  • install.res.3082.dll
  • VC_RED.MSI
  • VC_RED.cab
  • vcredist.bmp

原因はVisual C++ 再頒布可能パッケージ

Visual C++を利用しているプログラムをインストールするときに、使ってるパソコンにVisual C++が入ってないと自動でインストールされるんですが、その際にゴミを撒き散らしながらインストールされるわけです。

これ、ずいぶん昔から有名な話なんですが、一向に直らない、というか古いバージョンで作られたプログラムはみんな同じ現象が発生します。

公式サイトでも

These files are unnecessary and can be safely deleted from the system. The functioning of the runtime library will not be affected by this.

と言われいるので消しちゃいましょ!

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。