Windows 10のタスクバーにはデフォルトでCortanaがドーン!と、文字通り幅をきかせているのですが、Cortanaのせいでタスクバーが狭いと感じることがあります。

Cortana検索ボックスを表示

こういう場合はCortanaの設定をいじって小さくする、もしくは非表示にしちゃいましょう。

Cortanaを小さく、もしくは非表示にする方法

やり方は簡単です。
タスクバーを右クリックしてCortanaの設定を変更するだけ。

タスクバーを右クリックするとメニューが出るので「Cortana」を選ぶ、もしくはマウスオーバーすると

  • 表示しない
  • Cortanaアイコンを表示
  • 検索ボックスを表示

と出るので好きな設定にしましょう。

Cortanaの設定

Cortanaを小さくする

小さくするとこんな感じ。

◯がCortanaです。
かなり小さくなって他のアイコンと同じ大きさになりました。

Cortanaアイコンだけ表示

Cortanaを非表示にする

非表示にすると心置きなく使えそうです(メモリが足りればですが・・・)。

なんとなくWindows 10感が薄れた気もしますが、こういうのは結局慣れですから。

Cortana非表示

編集後記

ちなみに自分は非表示派ですね。

もともとWindowsボタンで起動しちゃうのでほぼ、というか使ったことありません。

これでタスクバーがスッキリしました。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。