パソコンを買い換えた場合に真っ先にやらなくてはいけないことはデータ移行です。

過去に縛られない行き方をしているのであればそれも良いでしょうが、大抵の人はこれまで使ってたデータを捨てようとは思いません。

メールの中身やフィルタの設定などもその一つ。

ということでThundirbirdのメール情報や設定をまるっと新しいThunderbirdにコピーする方法のメモ。

Thunderbirdのプロファイルをコピーする

実際難しいことは何もありません。

Thundirbirdが持ってるプロファイルというデータを新しいThundirbirdの環境にコピペするだけ。

プロファイルの場所

下記のパスをコピーしてエクスプローラーのURLに貼り付けます。

%APPDATA%\Thunderbird\Profiles

下記のようなフォルダがあると思います。

Thunderbirdのプロファイル

◯◯◯◯.defaultというファイルをコピー

上記のフォルダをコピーしてUSBメモリなどの外部メディアにコピーしておきます。

新しいThunderbirdが入ってる環境でプロファイルを開く

新しいThunderbirdの環境でもプロファイルを開いてみると、△△△△.defaultというファイルがあります。

では、さきほどコピーしておいた◯◯◯◯.defaultを同じ場所に配置しましょう。

フォルダ名の変更

△△△△.defaultフォルダの名前を△△△△.default.bkに変更します。

最後に◯◯◯◯.defaultフォルダの名前を△△△△.defaultに変更します

注意して欲しいのはプロファイルフォルダ名は完全に一致していないとThunderbirdは起動しなくなります

手打ちではなくコピペで確実に名前を変更しましょう。

これでThunderbirdが起動すれば以前の環境のまま使えるはずです。

編集後記

最近ではクラウド上でアカウント管理しておいて、ログインしてしまえば環境ができあがってしまうサービスも多いですが、Thunderbirdなどはまだまだこういうテクニックが必要です。

なので個人的にいかに以前の自分のPCの環境を構築できるか、というのは結構大事なテクニックだったりします。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。