iPhoneでSkypeを使っていて、なんか通知が来ないなぁという状態になりました。

他のアプリは通知来るのに、Skypeだけ通知が来ない。
Skypeを開くと気づくと2日くらい前にメッセージを受信してたりして、おいおい!通知くらいしろよ!と思ったのですが、どうやら設定がよろしくなかったみたいです。

とりあえず、設定を見なおしてみたら改善したのでメモ。

省エネ設定でいろいろオフにしてませんか?

スマホの弱点でもあるバッテリーの持ち。こいつを延命させるためには、あれこれテクニックありますが、その中でも特に気をつけないといけないものがあります。

それが下記の2つです。

  • 通知設定
  • バックグラウンド更新

これらの設定を間違えると、通知来ないー!という風になります。

iPhoneでスカイプの通知が来ない時にチェックすること

通知設定を確認

まずは通知設定です。通知設定をオフにすれば当然通知は来ません。

「設定」→「通知」を選択するとアプリの一覧が表示されます。その中からSkypeを見つけて選択します。
通知アプリの一覧

Skypeの通知設定が開かれるので、「通知を許可」がオンになっていることを確認してください。
他にも通知方法の設定がありますので、必要な設定がされているかを確認します。
アプリの通知設定

バックグラウンド実行の設定の確認

「設定」→「一般」から「Appのバックグラウンド更新」を選択してください。
一般のメニュー

Skypeを見つけてバックグラウンド更新がオンになっていることを確認してください。バックグラウンド更新がオフだと、メッセージを受けても通知されないです。
バックグラウンド更新設定

別の App に切り替えた後、一部の App はしばらく実行を続けた後、一時停止状態になります。この状態の App は使用中でも起動中でもなく、システムリソースを消費することもありません。App のバックグラウンド更新機能を使うと、こうした一時停止状態の App にアップデートや新しいコンテンツがないか確認できます。

編集後記

今回の教訓、なんでもかんでもオフにすれば良いってわけじゃないということです。一体そのアプリがバックグラウンドで何をしているのかを知らずにオフにすると結構不便なことになっちゃいますね。とにかく、通知関連でおかしいと思ったら通知設定とバックグラウンド更新をチェックするようにしましょう。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。