docomoのiPhoneで運用可能な格安SIM

最近話題の格安SIM。TVや雑誌など各種メディアでMVNO、格安SIMといった言葉を見聞きする機会が確実に増えました。

スマホなど携帯電話料金の負担が大きくなっていることも確かで、docomo、au、Softbankの3大キャリアでスマホでは最低でも月々6000円はかかります。

そこで今回はdocomoのiPhoneに絞り、運用できる格安SIMを紹介したいと思います。

docomoのiPhoneはSIMロック解除なしでそのまま使える

image1
【画像:今年3月に発売されたiPhone SE】

 

格安SIMといっても、SIMロック解除せずに使う場合とSIMロック解除して使う場合の2パターンがあり、それぞれにキャリア、iPhoneのバージョン違いによって使える条件が異なります。

docomoのiPhoneの場合は、そのiPhoneで格安SIMが使えるので準備は完了です。docomoのiPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SEのdocomoのiPhoneが使えます。

ただし注意が必要なのが通信業者。格安SIMを運用する通信業者は、docomoやauなどの回線を利用して通信しますが、docomoとSIMフリーのiPhoneの場合はdocomo系の格安SIMは使用できますが、SIMロックを解除しないとau系の格安SIM、UQ mobileとmineo(auコース)は使えません。

しかし安心してください。docomoe系の格安SIM業者といっても10社以上あります。

というわけで次はどんな業者があるのか見ていきましょう。

 

SIMロック解除なしで乗り換えられるdocomo系格安SIM

docomo回線を利用した格安SIMは多く、その中で特にお勧めのものを紹介します。

1. 楽天モバイル

楽天モバイルは楽天ポイントも手に入る格安SIMなので、楽天のサービスを多く利用する人にはとてもオススメ。ベーシックプランが安いのが特徴で、現在最も人気があります。通信品質や実効速度についても高評価を維持しています。

image2
【画像:楽天モバイルホームページより】

プランは使い始めてから変更できるのでその点も安心ですね。

さらには5分かけ放題や留守番伝派などのサービスもオプションで追加することもできるので、自分にあったサービスを受けられます。月々のあまった通信料を翌月に繰り越すことも可能です。

 

2. OCNモバイルONE

業界NO.1のOCN モバイル ONEは、NTTコミュニケーションズによる純正格安SIM。通信の安定性が人気です。利用者のライフスタイルに合わせて選べるプランになっていることも特徴です。

 

 

 

image3
【画像:OCNモバイルONEホームページより】

IP電話の050 plusなどのサービスや、とにかく安定している通信が魅力的。もちろん余った通信料を翌月に繰り越すことも可能です。

 

3. IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)はプラン価格の値下げや容量増量などの先導を切っている格安SIM。便利な機能には高速通信のON/OFFやバースト機能などがあり、文句のない使い勝手の良い格安SIMとなっています。バランスの取れたプランが特徴です。

image4
【画像:IIJmioホームページより】

IIJmioは7月1日からそれぞれのプランに400円/枚でSIMを追加できるサービスを始める予定で、ますます使い勝手がよくなりそう。余った通信料を翌月に繰り越すことも可能です。

 

4. DMMモバイル

DMM モバイルは業界最安値の格安SIM。他社徹底対抗でプラン価格は他の格安SIMよりも安い値段。他社格安SIMが値下げしたらすぐに値下げしています。DMMはプランもたくさんあり、自分の環境に合わせることが可能です。

 

image5
【画像:DMMモバイルホームページより】

ご覧いただければわかるとおり、とにかくプランが豊富です。自分の通信量と見比べて最適なプランを見つけられます。さらにシェアプランというプランもあり、複数のSIMを運用する方はこちらもおすすめです。

 

 

5. mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は元々au回線のみでしたがdocomo回線でもプラン展開がスタートしました。そのため両社のプランに簡単に乗り換え可能です。値段も安く使い勝手もいい格安SIMです。

image6
【画像:mineoホームページより】

上の表はdocomoプランの月額料金表です。

mineoの特徴はmineoユーザー全員でパケットをシェアしあえる「マイネ王」のサービス。データ容量が足りない場合にフリータンクから引き出せたり、余ったデータ容量をフリータンクに預けたりすることができます。友人同士や家族で登録すると便利ですね。

 

6. DTI SIM

DTI SIMはモバイル通信の黎明期にいち早くSIMカードを提供してきた安SIMサービスです。DTI SIMはシンプルな料金プランと充実したサービス内容で、格安SIMが初めての方でも安心してご利用いただけます。

image7
【画像:DTI SIMホームページより】

シンプルで安さを前面に出したわかりやすいプランで、通信制限がかかる前にお知らせしてくれるアラート機能や容量チャージ機能があるなど、便利な機能が多く、初めての方にお勧めです。

 

7. U-Mobile(ユー・モバイル)

U-mobile(ユーモバイル)はLTE使い放題、LTE使い放題2では、高速通信容量が無制限となっており、データ通信を思う存分使いたい人にはおすすめのプランです。

image8
【画像:U-mobileホームページより】

U-mobileは音楽配信サービスのUSENと連携したセット価格のSIMも販売しており、そちらも人気。

 

編集後記

これまでdocomoのiPhoneで運用できる格安SIMを見ていきましたがいかがでしたでしょうか。docomo回線を利用する格安SIMなら、SIMロック解除の手続きは不要で、番号をそのまま乗り換えるMNPも実際にはdocomoのウェブサイトやお店での簡単な手続きで可能です。

この機会に自分の料金プランを見直して、最適な格安SIMを探してみてください!

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。