ブラウザ版Skype

MicrosoftはWebブラウザに組み込めるSkype for Webをβ版でリリースしました。
ユーザーはSkypeから招待制の限定公開でβ版をスタートしているそうです。

対応ブラウザはInternet Explorer(10位上),Google Chrome(最新),FireFox(最新),Safari(6位上)ということです。

日本国内ではLINEに押され気味な感があるSkypeですが、今や生き残りの道は「無料通話」よりも「ビデオチャット」の方でしょうね。
今回のブラウザ版での目的はプラットフォームの拡大ということでしょうね。

どの環境でもSkypeにアクセスできるようにすることでユーザのファーストチョイスになろうということです。
PC(ブラウザやアプリ)、スマホ、タブレット、ゲーム機でのシェアを取ることができれば、後発のサービスが付け入る隙はほぼ無くなってしまうでしょうね。
インフラとしてのSkypeという認識になればこれほど強いことはないわけですから。

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。