20160113082148

先日、「Google Chromeが世界シェアNo.1になった」というニュースが世界を駆け巡りました。

なんとWindowsに標準搭載のInternet Explorer (Windows 10からはEdge)よりもシェアで上回ったというのです!

図1

 

 

RBB Todayの記事では

 PC用のブラウザ市場で、ついに大逆転が起きた。米ネット・アプリケーションズが公表した「Desktop Top Browser Share Trend(PC用ブラウザシェア)」によれば、4月の全世界における順位はGoogle Chromeが41.66%で首位、Internet Explorerは41.35%で2位となっている。
Internet Explorerといえば、1990年代に登場してからこれまで、首位を堅持し、ブラウザ市場では老舗とも言える存在であるが、以前から、セキュリティ的な観点や、拡張性の低さから、離反ユーザーが多いことが指摘されていた。特に2012年頃からのシェア低下は著しく、首位を明け渡すのは時間の問題ではないかとされてきた。
一方で、Google Chromeは2008年に登場した新参者だ。登場した当初から、豊富な機能面や拡張機能の利便性が受け、これまでうなぎのぼりにシェアを上げてきた。スマートフォンやタブレットに採用されている人気の基本ソフト「Android OS」に標準搭載されており、複数のデバイス間でデータが自動的に同期される使い勝手の良さは特に評価されている点である。

と報じられ、誰もが認める「大逆転」だっとわかりますね。

というわけで今回は、Google Chromeはこれほど便利だという機能と、拡張機能を紹介します!

Google Chromeはこんなブラウザ

利用できるOSは?

Chromeは、現在主流のスマートフォン、タブレット、PCで利用できます。

  • iPhone/iPad/iPod touch: iOS9以降
  • Androidスマートフォン/タブレット: Android OS 4.1(Jelly Bean)以降
  • Windows: Windows 7/8.x/10
  • Mac: Mac OS X 10.9(Mavericks)以降
  • Linux: Ubuntu 14.04以降、Debian 8以降、openSUSE 13.1以降、Fedora Linux 21以降

つまりWindowsからMacへ、あるいはiPhoneからAndroidスマートフォンへ乗り換えても、同じ使い勝手のChromeを利用し続けることができます。

Chromeの特徴

複数のChrome間で設定やタブを自動で同期!

Chromeでは、Googleアカウントを利用して、Chromeブラウザ自体にログイン(開いて右上の人マークからログイン)でき、ブックマークやID・パスワード、履歴、各種設定、開いているタブなどを複数のChrome間で同期・共有できます。

例えば、PCのChromeでブックマークを追加しておくと、外出中にスマホのChromeでそのブックマークを開けます。さらにはID・パスワードを保存しておけば、どのデバイスのChromeでも自動で入力されます。

便利なのが、何らかの原因で強制終了した際にシークレットウィンドウ以外の開いていたページを再度表示させる「復元」機能、フォームへの自動入力機能です。これで、アンケートフォームなどを開いていた時に強制終了した際、自動ですべて回復します。

拡張機能がとにかく豊富キャプチャ

キャプチャ

PC版Chromeには、「拡張機能」・「アプリ」という、機能の追加・増強のための仕組みがあります。

Chromeの新規タブから「ストア」アイコンをクリックして「Chromeウェブストア」を開くと、多種多様な拡張機能・アプリが表示さます。拡張機能/アプリ自体は無償でインストールできるものがほとんどで、簡単操作でインストールできます。

最新サービスが利用しやすい

Chromeは最新版へのアップデートがあれば、バックグラウンドで自動ダウンロードし、自動で更新する。また拡張機能も自動的に更新されます。

そしてWebの新しい技術や規格が積極的に取り入れられているので新たなサービスが提供されれば、自動で提供されます。

加えて、最近はChromeのユーザー増加で、オンラインバンキングなど、多くのサービスがChromeに対応するようになった。(最近はChromeだけに対応したサービスも多いですね)

シークレットモードやChrome Castに対応

2

Firefoxなどにも同様の機能が搭載されているが、「シークレットモード」はユーザーの閲覧履歴やCookie、検索履歴も保存されません。

共有パソコンなどで使う際は、他人にログインされるのを防ぐためには便利な機能ですね。

最近話題のChrome Cast。テレビにつないでYouTubeなどの動画を大画面で再生するガジェットですが、Chromeではブラウザで閲覧中のタブをそのままテレビに投影できます。大画面でネットサーフィン、いいですね!

自分だけのテーマ

テーマ機能は、自分の好きな写真や色をブラウザに設定する機能です(PC版のみ)。Chromeウェブブラウザから取得でき、たくさんのオンラインテーマから選べます。

オススメの拡張機能7選!

AutoPatchWork

a

この拡張機能、入れると本当に生活が変わります。(大げさではなくホントに楽になります!)

これは、次のページに移るときにボタンを押さなくても自動で表示しているページの下に表示してくれる拡張機能です。

つまり、「次へ」のボタンを押すことがなくなるんです!つまり検索画面やニュース記事を読むときにはとても快適になりますね。

Awesome Screenshot

b

ページ全体や一部をキャプチャーし、各種の図形や文字で注釈をつけ、ワンクリックでアップロードして共有できます。

Microsoft Edgeにも同じような機能がありますが、これも手書きで文字を書いたりすることができます。

Scroll To Top

c

これは文字通り、自動でページの一番上に移動してくれる機能です。単純に見えますが、いつもページ表示しておくことができるので以外に便利です。

Google翻訳

d

みなさんご存じGoogle翻訳です。拡張機能での使い方は、ページの翻訳したい部分を選択して右クリックすると「翻訳する」という項目が出るので簡単に翻訳できます。

もちろん、ページ全体を一気に翻訳することも可能です。もうわざわざ翻訳サイトを開く必要はありません。

自動価格比較/ショッピング検索(Auto Price Checker)

e

ショッピング中に自動的に他のショッピングサイトを検索し、安い価格順に10件表示します。検索対象の8万店以上。自動比較の対象はAmazonや楽天Booksなどショップサイトだけでなく価格.comなど価格比較サイトでも可能。テキストを選択して右クリックでの価格比較もできます。

ショッピングサイトを同時にいくつも見たりする人には便利ですね!

オフラインGmail

f

オフライン Gmailはインターネットに接続していなくてもGmailにアクセスできます。オフライン時に作成したメールは、再びインターネットに接続すると送信されます。次回オンラインになったとき、変更したものは自動で同期されます。  新幹線の車内や少し電波の悪い場所などでは便利ですね。

Evernote Web Clipper

g

これはWeb 上で見つけたページを Evernote アカウントに保存できる機能です。Evernoteユーザーの方には便利ですね。わざわざ文章をコピーしてEvernoteに書き込まなくても、 手元に残しておきたい Web ページをクリップして、Evernote に保存。どの端末でも読めるようになるので便利です。

編集後記

いかがだったでしょうか、Google Chrome特集。

使い続ければ使い続けるほど便利な機能をどんどん発見できます。

ご存知のように、Chromeはタブを開く構造から、スピードやパフォーマンスは一般的なブラウザよりは少し落ちますが、気になるほどではありません。

ぜひ拡張機能やテーマ、アプリを利用して、あなただけのChromeを作ってみてはいかがでしょうか。

 

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。