ca62a78609ea3964408b9776bd2f5da7_mこんにちは!本当に社会現象になってしまった位置情報ゲームアプリ「ポケモンGO」が日本で配信開始して、早10日が経過しました。

日本配信前、アメリカをはじめとした海外での映像やみんなのレポートがかなり出回り、配信前から加熱していましたが、配信後もホントに凄いことになっていますね。。。

それに伴って任天堂の株価が急騰したり、ポケモンのソフトの売り上げが伸びたり、そしてポケモンGO効果で様々な場所に普段いかない人が訪れたりして地域活性化の兆しもあったり、関連商品や、今まで光の当たらなかった分野の商品の売り上げが上がったりと、様々な効果があると言われ、経済効果は「リニアモーターカー」と同等の10兆円規模だといわれ、「ポケモノミクス」という言葉もささやかれていますね。

そう、光の当たらなかった分野といわれていたのが、「ウェアラブル端末市場」です。ユーザーが外でウォーキングするようになってヘルスケアに気を使い始め、ヘルスチェックや、ウォーキングのログが残せるウェアラブル端末が再注目を浴びています。

ポケモンGOで、様々なトラブルが報告され、JRなど鉄道各社もNiantecにポケモンが鉄道施設内で出ないように申請したり、各神社仏閣や美術館なども利用者間のトラブルを避けるためにポータルの削除申請をしたりと、プレイヤーには利用モラルが求められています。(ニュースでは明らかにポケモンじゃなくてもこの事故や事件起こってるだろ…というものも多いですが…w)

このように問題も多いポケモンGOですが、実際多くの人が楽しんでるわけです。

前置きが長くなりましたが、今回はポケモンGOのプレイで電池切れが続出しているユーザーが多く、モバイルバッテリー市場が超過熱しているということで、おすすめのモバイルバッテリーを紹介します!

モバイルバッテリーはより、安価・大容量に

数年前、モバイルバッテリーといえばそのほとんどは「一回充電1400mAh」で2000~3000円という感じで、小容量なうえに高価でした。ですがスマホの電池容量は2000mAh超えが当たり前。以前のバッテリーでは全く足りません。

しかし最近のモバイルバッテリーといえば、なんと10000mAh超えでも3000~5000円程度と、本当に安くなりました。

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーを選ぶ際は、「○回充電」という表記ではなく、「○○mAh」という容量表記を見てください。

実際の充電回数はスマホによって異なるので注意が必要だからです。自分のスマホのスペック表を見て、電池容量を確認してみましょう。

モバイルバッテリーの充電回数は、その容量のうち約70%の数値と、スマホ本体のバッテリー容量を比べれば分かります。モバイルバッテリーの容量を約70%で計算するのは、スマホを充電する際に必要な電圧の変換で、充電されない電力が約30%ほど発生するからです。

毎日1回だけ充電するなら、iPhone 6sなどは3000mAh、大型のAndroidスマホやiPhone 6s Plusなら5000mAhのモバイルバッテリーが最適。

出張や旅行で使ったり、複数のスマホやUSB機器を充電するなら10000mAhクラスの大容量モデルもオススメ。特に、大型のタブレットやUSB充電に対応したMacbookやパソコンは、フル充電に10000mAhほど容量が必要となります。

そしてもう一つ重視するべきポイントは充電速度の性能です。「出力」がスマホの充電、「入力」の数値がモバイルバッテリー本体の充電速度を決めます。この数値が低いとスマホの充電やモバイルバッテリーの充電に時間がかかるので、確実にチェックしておく必要があります。

スマホ充電に必要な「出力」は、5V/1.8A以上の急速充電対応モデルを選びたいです。複数のUSB充電ポートを搭載したモデルなら、スマホ2台の同時充電も考えて、合計出力5V/3A以上がオススメだ。急速充電に対応していないと、スマホの充電が追い付かない可能性も出てきます。

「入力」はモバイルバッテリー本体の充電速度を決める値で、なるべく入力5V/2A対応製品を選んで急速充電できるようにしたいです。もし、急速充電対応のUSB充電器(出力5V/1.8A以上)のものを持っていないなら、スマホやモバイルバッテリーなどをまとめて急速充電できる、マルチポートのUSB充電器の購入がおすすめ。

オススメモバイルバッテリー7選!

とにかくコンパクトがいい方に

cheero Power Plus 3 mini 5200mAh

キャプチャ

【型番】 CHE-071
【電池容量】5200mAh 3.6V (24.12Wh) Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】約 92 × 43 × 23 mm / 約 128g

これはiPhoneが約2回充電できるという5000mAhの標準的なモデルですね。大きさも小さく、120gと軽いので、コンパクトなのがいい方はおすすめです。

アマゾンで見る

Anker PowerCore+ mini (3350mAh) 超小型 スティックタイプ

2

【型番】 AK-A1104011
【電池容量】 3350mAh Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】 9.5 x 2.3 x 2.3 cm ; 86 g

これはiPhoneで約1.5回充電できるモデル。ポケットにもすっぽり収まるスティックタイプです。

アマゾンで見る

とにかく大容量がいい方に

Anker PowerCore 10000

3

【型番】 AK-A1263011
【電池容量】 10000mAh Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】180g

こちらはANKERの急速充電に対応したモデル。大きさがカードサイズなので、大容量ですが便利です。

アマゾンで見る

USB2ポート搭載の大容量がいい方に

Anker PowerCore 13000

4

【型番】 AK-A1215011
【電池容量】 13000mAh Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】13.2 x 11.6 x 5.5 cm ; 259 g

これは上で紹介したANKERの1ポート10000mAhが13000mAhでUSB2ポートになったモデル。価格は高いように見えますが、よくAmazonタイムセールなどで4000円以下になっています(笑) 私もこれをかれこれ1年ちょっと愛用しています笑 やはり2ポートでしかもスマホ約4台分くらいの容量があるので便利です。

アマゾンで見る

cheero Power Plus 3 13400mAh

5

【型番】 CHE-059-WH
【電池容量】 13400mAh Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】 92 × 80 × 23 mm/245 g

これはcheeroのモバイルバッテリーです。ANKERのものとほぼ性能が同じで、どっちを買うかは好みの問題ですかね笑 これも、Amazonタイムセール等でよく安くなっていますのでチェックしてみてください。

アマゾンで見る

Poweradd Pilot 2GS 10000mAh

6

【型番】 Pilot 2GS
【電池容量】 10000mAh Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】 13.8*7.4*1.4cm 重さ:258g

これは値段が安いですが、2ポートです。片方のポートのみ、急速充電に対応しています。

アマゾンで見る

cheero Power Plus 10050mAh DANBOARD version

7

【型番】 CHE-066
【電池容量】 10500mAh Panasonic製リチウムイオンバッテリー
【寸法(本体)/重量(本体)】 見つけきれませんでした….

最後はこれ!cheeroといえば、という商品ですね。「よつばと!」の人気キャラ「ダンボー」デザインのもので、初代ダンボーバッテリーからかなり小さくなりました。

アマゾンで見る

編集後記

というわけで、モバイルバッテリーについてみてきましたがいかがだったでしょうか!

やはり、安くて大容量といえばANKERかcheeroになってしまいます笑

みなさんもぜひチェックしてみてください!

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。