iphone7-2 ついに、発表されました。iPhone 7/7 Plus。

デザインこそiPhone 6/6 Plusから大きく変わらないものの、CPUにクアッドコアのA10を搭載、iPhone 7 Plusにワイド側/テレ側で2つのレンズ「デュアルレンズ」を搭載して2倍の光学ズームに対応、IP67規格対応の防水・防塵対応、ホームボタンのタッチ化(Taptic Engine搭載)、イヤフォン端子の廃止でLightning接続のイヤホン+変換コネクターの添付、ステレオスピーカー搭載、さらにおサイフケータイ対応も公表されました。

本当に「大進化」といえるほど進化したiPhone7ですが、その目玉機能「耐水性能」には注意が必要なんです。

ですがまずは簡単に新iPhoneの新機能を紹介します!

かなり進化したiPhone 7!

7 Plusは「デュアルレンズ」搭載

背面の12メガピクセル・カメラは、F1.8の明るいレンズを備え、iPhone 6sシリーズではPlusモデルのみだった光学式手ぶれ補正をiPhone 7も搭載。TrueToneフラッシュがクアッドLEDになり、より明るく自然なフラッシュ撮影が可能となります。

iphone-7-iphone-7-plus-cameraiPhone 7 Plusには広角と望遠の2つのカメラを搭載します。iPhone 7と同じ広角レンズが望遠レンズと連係し、2倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームが可能になりました。等倍では顔の表情すら見えない距離でも、ワンタップで2倍にズームすれば、シャープな映りのまま写真を残すことができます。

さらに画面に表示される倍率を指でスライドさせれば、最大10倍までのデジタルズームが可能に。正直、ノイズが目立つので写真としては使えないかもですが、望遠鏡的な役割にはなりそうです。

またデュアルカメラと機械学習によって、ポートレートで背景をぼかせる「被写界深度エフェクト」が今年の冬に追加されます。まるでデジタル一眼レフカメラで撮影したような奥行きのある写真を残せるようになり、よりリッチな撮影体験が実現します。

ちなみに前面のFaceTime HDカメラは、5メガピクセルから7メガピクセルカメラに向上しました。(個人的にはまだまだかと…..)レンズはF2.2。Live Photosのキャプチャ、1080pビデオの撮影、自動手ぶれ補正、人体検出と顔検出など、従来のメインカメラに劣らない豊かな機能を備えるようになりました。

ホームボタンは物理ボタン廃止

それほど詳細に語られなかった改良の1つに、Taptic Engineに対応した新しいホームボタンがあります。Taptic Engineとは、6sシリーズで画面をプレスすると「ブッ」と振動させるモーターのこと。実際は画面が凹まないものの、まるで物理ボタンを押し込んだような感覚をユーザーに与えます。Apple WatchやMacBookのトラックパッドにもすでに採用されています。

これまでのiPhoneのホームボタンは物理ボタンでしたが、iPhone 7シリーズではTaptic Engineを採用。ホームボタンをプレスすると、振動が返ってきます。Androidユーザーにはおなじみかもしれません。おそらくこれも「水」への対策だと思われます。

カラーバリエーションに「ジェットブラック」追加!しかし…

新色「ジェットブラック」は9段階の酸化皮膜処理に研磨加工した高光沢の黒で、マット仕上げで深みのある「ブラック」よりも艶あり、といった印象です。

その他のカラーはローズゴールド、ゴールド、シルバーの全5色となっています。

が、しかし!

なんとジェットブラックはApple自身が「背面に傷がつきやすいため、カバーやケースの使用を推奨する」と言っているほど、傷つきやすいようです。

酷い…。

そもそも、Appleの創業者スティーブ・ジョブズはiPhoneを作った際、カバーなどつけずにスタイリッシュに使ってもらえるようにこのデザイン、そして素材にしたはずなんですが…

クックCEOは忘れてしまったんですかね… ここはほんとに残念。。

容量がアップ!

内蔵ストレージは32GB/128GB/256GBと、6sの時よりストレージ容量が増えました。ジェットブラックは128GBと256GBのみです。Apple Storeでの価格は以下の通り。

  • iPhone 7 32GB:72,800円
  • iPhone 7 128GB:83,800円
  • iPhone 7 256GB:94,800円
  • iPhone 7 Plus 32GB:85,800円
  • iPhone 7 Plus 128GB:96,800円
  • iPhone 7 Plus 256GB:107,800円

イヤホンジャック廃止で、Lightning端子イヤホンが付属品に

20160908-earpods-with-lightning開発段階で噂になっていた通り、3.5ミリヘッドフォンジャックが廃止されました。

省スペース、デジタル接続による音質の向上といったメリットのあるLightningコネクタを利用するのがヘッドフォンの基本的な接続になり、同梱のEarPodsのコネクタがLightningに変わりました。

しかし、付属する3.5ミリヘッドフォンジャックアダプタを利用することで、3.5ミリ端子のヘッドフォンもLightning端子に接続して引き続き使用できるようになっています。lightning_top

Appleはまた、ワイヤレスヘッドフォン「AirPods」(16,800円)を10月下旬に発売予定。ステレオ対応になったスピーカーは、iPhone 6sのスピーカーよりもダイナミックレンジが広く、2倍のオーディオ出力をサポートするようです。

正直、AirPodsはEarPods同様、音漏れが酷いと話題になりそうな予感しかしませんし、変換アダプタを使ってしまっては折角高いイヤホンを持っていても無駄になりそうな気がするのですが…。まあこれも防水のためなのでしょう。

日本モデルはFelicaに対応!

iphone7-suica日本で販売されるiPhone 7シリーズとApple Watch Series 2はType Fの非接触NFC技術をサポートし、10月に日本でApple Payがスタートします。主要なクレジットカードと発行会社に対応、またJR東日本のSuicaと連携し、QUICKPay、iD、Suica、Apple Payのマークがある店舗、対応するアプリやWebサイト、そして交通機関で使用できるようになります。

Androidで先行していた「おサイフケータイ」や「Felica」「NFC」の機能がついにiPhoneでも実現します。

実際に10月にサービスがスタートしなければ、どこまでNFCやFelicaが使えるのかわかりませんが、相当便利になることは間違いないでしょう。

 

 

最大の目玉「防沫性能と耐水性」には注意!?

iphone7161iPhone7からは耐水機能が公式に付与されます。耐水・防塵規格はIP67で、「粉塵が内部に侵入せず」「規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない」となっています。ところが、Appleは水の侵入によるiPhone7の故障を、保証の対象外としていることが分かりました。

しかも、よくHPを見ると、どこにも「防水」の文字はなく、あくまでも「耐水」なんです。

あくまでも「耐水」

iPhone 7がうたう防水防塵仕様はIP67等級と呼ばれているものです。このうち「6」の数字が「防塵」を、「7」の数字が「防水」の保護等級(保護できるレベル)を表しています。

IP6Xの防塵は「粉塵が内部に侵入しない」性能を持つことを意味します。そして、IPX7の防水は「水深1メートルの水に30分間水没しても、水が浸入しない」性能を持つことを意味します。

つまり水深1メートル以上の深さにiPhone 7を沈めた場合は故障する恐れがありますし、30分以上水没していた場合も同様です。

話題になるため「防水対応」という言葉だけが先行してしまっていますが、「防水性能はある」ものの「耐水であって完全防水」ではありません。

要するにむき出しのまま毎日のお風呂で利用する、マリンレジャーに持っていくといったことをすると故障します。

水濡れ故障は保証対象外

Appleのホームページをさらによく見てみるとこんな文言が。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

つまり、水にぬれて故障してしまった場合は保証の対象外です。

耐水をうたっていますが、過信は禁物だということですね。

編集後記

というわけで、iPhone 7 について詳しく見てきたわけですがいかがだったでしょうか!

新機能がとても多く、大進化といえると思いますが、個人的にはよく見ると「あれっ」という点が多くてなんとも…。

今後iOS 10もアプデされますし、まだまだ年末商戦、各社盛り上がりそうですね!

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。