今日、ついに日本でもApple Payの提供が始まりました。

本日未明に配信が開始されたiOS 10.1にバージョンアップすることで、iPhone 7 / PlusがFeliCa方式によるApple Payに対応。SuicaやiD、QUICPayが使えるすべての店舗で支払いに利用できます。

しかし、サービスの初日からさっそく障害が発生しており、25日朝10時時点では「Suicaサービスを一時的にご利用になれません」表示で追加ができなくなっています。

さらにJR東日本がこのほど公開したQ&Aによると、iPhone向けSuicaサービスでは、「EX-IC」や銀行チャージなど、従来の「モバイルSuica」にある機能が一部利用できないようです。

というわけで今回は、モバイルSuica障害と、iPhone7で使えないFelicaのサービスについてまとめてみます。

そもそもFelicaで何ができるのか

iPhoneをかざすだけで鉄道の自動改札を通ったり、買い物の代金やタクシー運賃を支払ったりできる「Apple Pay / Felica」。これまではAndroidスマートフォン・フィーチャーフォンでほぼ標準対応していたが、国内で高いシェアを持つiPhoneのサービスが始まったことでスマホ決済の普及に一段と弾みがつく見通しです。

25日午前2時ごろからスマホ決済サービス「Apple Pay」に対応するためのソフトウエアの更新が始まり、午前5時ごろにはカードの登録が可能になりました。9月に発売した「iPhone7 / 7Plus」や腕時計型端末「Apple Watch 2」でソフトを更新すると、かざす決済ができるようになります。

また、iPhoneにクレジットカードの情報を登録しておけば、決済サービスの「iD」「Quic Pay」に対応する店舗などの決済端末にかざすだけで買い物代金の支払いなどができるようになります。アップルはSuicaとiD、Quic Payのいずれかに対応している端末での決済件数が、日本の大規模店舗での全取引の3分の2近くに達すると試算しています。JR東日本のICカード乗車券「Suica」の場合、カードにiPhoneを重ねるだけで定期券や残高などのカードの情報をiPhoneが読み取り、情報を移したiPhoneをかざすだけで自動改札機を通ったり、元々Suica決済が使える店舗で電子マネーでの支払いができたりするようになります。

日本国内では現在、ソニーが開発した非接触ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を使う電子マネーやクレジットカードの決済が広く普及しています。FelicaのICチップの出荷数は2016年3月末までにのべ9億5500万個。日本ではすでに普及しているFelicaのインフラを活用することが得策と判断し、iPhone7にFelicaを搭載したアップル。かざす決済の先進国である日本でApple Payのロケットスタートを狙っています。

Apple Payはどの決済方法か伝えないとダメ

20160908082232

利用する場合は「Suica」「iD」「QUICPay」のどれかを指定の上、支払いを行うよう説明がされています。Apple PayはSuicaも利用できます。

そのため、「Apple Payで!」ではなく、Apple Payでどの決済方法で支払うか、伝える必要があります。また、オートチャージを利用するには、ビックカメラSuicaカードなど、ビューカード発行カードが必要になるようです。

またSuicaに対応する交通機関にも対応。つまり、定期券には対応しないものの、SuicaをiPhone上でつくって、JR西日本などIC相互利用可能の改札を通過することはできます。iPhone 7 / Plusをかざして改札を通過したり、Apple PayでSuicaにチャージ、さらに定期券の更新も可能です。

iDで利用できるのは以下の発行会社のクレジットカード:

  • イオンクレジットサービス
  • ソフトバンク・ペイメント・サービス(SoftBankカード)
  • NTTドコモ(dカード)
  • 三井住友カード

QUICPayで利用できるのは以下の発行会社のクレジットカード:

  • ジェーシービー
  • KDDI(au WALLET クレジットカード)
  • オリコ
  • トヨタファイナンス(TS CUBIC CARD)
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス(MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード除く)
  • クレセゾン(セゾン・アメリカン・エキスプレスカード、UCカード含む)

VISA付きの場合、アプリケーション内やWeb上の支払いは利用できない。

Apple Payに登録したカードを利用して、Suicaへのチャージなど、Suica支払いをすることも可能。

なおiPhoneでApple Payを使うには、まずWalletアプリにApple Pay対応のクレジット/プリペイドカードを登録しておく必要があります。クレジットカードのポイントプログラムや特典は引き続き利用できます。Apple Payに対応する主要なカードは次のとおりです。

  • イオンカード
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • JCBカード
  • TS CUBIC CARD
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • ドコモdカード
  • au WALLETクレジットカード
  • ソフトバンクカード

そして、決済時にはTouch IDで指紋認証をしながら決済しなければならないのでご注意ください。

iPhoneにSuicaを転送できない障害

2016-10-258-23-58

本日から国内提供が始まった Apple Pay で、さっそく障害が発生しています。症状は「SuicaカードをApple Payに追加できないことがあります」。

Suicaの場合、裏面のカード番号下4桁を入力して、カードにiPhoneを重ねるだけでiPhoneに登録が完了。あとはiPhoneが同じSuicaとして使えるようになります。Suicaカードは使えなくなる仕組み。

でしたが、サービスの初日からさっそく障害が発生しており、25日朝10時時点では「Suicaサービスを一時的にご利用になれません」表示で追加ができなくなっています。アップルのサービスステータスによれば、発生は9時30分以降ですが、登録を試みるユーザーが集中したためか、もっと早い時間から追加ができない、単に後でやり直せといわれるとの報告は多数ありました。

現在システムは復旧していますが、JR東日本によると、iPhoneに限らず、AndroidスマートフォンでのモバイルSuicaも一時使えなかったということで影響は計り知れません。JR東日本のモバイルSuicaページにもアクセス集中の注意がありました。

EX-ICや機種変更には注意

 

JR東日本がこのほど公開したQ&Aによると、iPhone向けSuicaサービスでは、「EX-IC」や銀行チャージなど、従来の「モバイルSuica」にある機能が一部利用できないということです。

Q&Aによると、iPhone向けSuicaサービスでは、JR東海の東海道・山陽新幹線予約サービス「EX-IC」銀行チャージキャリア決済チャージネット決済サービスなど一部の機能が利用できない。

さらに会員制のネット予約サービス「ビュー・エクスプレス特約」をAndroidやフィーチャーフォンで使っていた場合は、iPhoneに移行すると解除されるという。

また、AndroidやフィーチャーフォンからiPhoneに機種変更する際は、モバイルSuicaのデータをサーバに預ける「機種変更」手続きが必要です。iPhone内にSuica情報があると機種変更データを受け取れないため、iPhoneでSuicaカードの取り込みや新規発行を行う前に機種変更データを受け取る必要があります。

さらに、再発行登録したモバイルSuica情報はiPhoneでは継続利用できないという。旧機種で機種変更手続きできない場合は一度退会し、Apple Payのサービスが始まったら改めて新規登録する必要があるとしています。

Apple PayでのSuicaサービスについて – JR東日本

Apple Payの始め方 -Apple Japan

編集後記

というわけで、長々とみてきました!

Androidユーザーからすると、やっとか。という思いなんですが、これでさらにFelica決済加盟店が増えてくれればとてもうれしいですねw

それでは!

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。