flux

この「FLUX」1台で3Dスキャナー、3Dプリンター、レーザー彫刻が可能なスグレものです。
これらのモジュールはまだまだ序章だそうで、今後もセラミック成形、生地などのペースト状のものを成形するモジュールを開発中とのこと。
トップのモジュールを組み替えるだけで3つの機能を使い分けることができます。
さらに「FLUX」はオープンモジュールSDKなので、その気になれば好きな機能を組み込むことも可能だそうです。

特徴

サイズ:30.5cm×26.5cm×55cm
重さ:5.4kg
対応OS:Mac OS X、Windows、Linux
外部メディア:USB、SDカード、Bluetooth 4.0
電圧:100-240V

クラウドファンディングで出資者を募集

現在製品化のためにクラウドファウンディングしているとこで、目標額10万ドルを既に飛び越えて75万ドル以上集まっている模様。
出資額によって手に入るモジュールの数などが変わるそうですので、気になる方は出資してみては?
ちなみに送料は含まれていませんので、別途掛かります。

まとめ

3Dプリンターが話題になってからずいぶん経ちましたが、いつの間にこんなに進化していたんですね。
これ1台あれば一般家庭でも模型をスキャニングして、3Dプリントしたり、好みのデザインを平面に彫ったりできちゃいます。
創作の間口がグッと広がる気がしますねぇ。

創作の間口が広がると、今までは出てこなかった才能とかがドカーンと出てきて面白いことになりそうです。
というわけで3Dプリンター業界は非常に可能性を感じます。

引用元:FLUX

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。