スマホのカメラ機能って便利ですよね。
ちょっとした撮影ならコンデジと遜色ないので、一眼を持ち歩かない時はスマホで撮っちゃいます。
最近のコンデジも進化してるのでしょうが、なにせ僕のコンデジはもう何年も前のCanon IXYシリーズですので(笑)
さて、そんな便利なスマホカメラ機能ですが、iOS8で新たに追加された「タイムラプス」がちょっと楽しそうなのでそのエントリー。

iOS8で新たに追加された新機能「タイムラプス」

タイムラプスの意味

「タイムラプス」と言う単語を見てもその機能は想像できないのは僕だけではないはず(たぶん)。
そもそも「ラプス」ってなんですかって話ですが、英語で書くとTime Lapseとなります。
Lapseというのは「(時間の)流れ、経過」という意味を持つもので、要するに「時間の経過」ということになります。

タイムラプスの機能

タイムラプスというのは、カメラで一定時間インターバル撮影した画像を短時間のアニメーションとしてつなぎ合わせる技術のことです。
言葉で説明するよりも動画で見たほうが分かりやすいと思います。

誰でも簡単にオシャレな動画を作れる

動画の通り「タイムラプス」を使うとあっという間にオシャレな映像を作ることができます。
雲の流れやアイスが溶ける様子など、身近なモノの時間経過による変化を撮るのはなかなか興味深いですね。
その気になれば自分の寝相とかも撮れるかもですね(バッテリーが持てばの話ですが)。

極めるとこうなる

タイムラプスを使ったカッコいい動画を見つけました。
ウィーンを舞台にした動画ですが、カッコいい仕上がりになっています。
音楽もイイですね!

こういう人の流れとか、車のライトの流れとか大好物です。

Vienna Time Lapse 2012 / 2013 (Hyperlapse) from FilmSpektakel on Vimeo.

いつもシェアありがとうございます!気に入ったらシェアしていただけたら幸いです。